犬印妊婦帯

5タイプの妊婦帯

一般的には妊娠5ヶ月目の戌の日に、安産を願って腹帯を巻く風習がありますが、子宮は3ヶ月頃から大きくなってきますので、戌の日にこだわらず、早めに着け始めても問題ありません。犬印妊婦帯には4タイプありますから、生活のスタイルやシーンに合わせて使い分けるとよいでしょう。

  • さらしタイプ

    個人差のあるおなかに対応。帯祝用にも。

    • さらし帯タイプの妊婦帯とはさらしを素材とした帯状の妊婦帯です。おなかを締めつけないように、下から持ち上げるようにしておなかに巻いていきます。帯状なのでどんなサイズのおなかにでも合わせて巻けます。
    • 吸水性良い綿100%さらしだから妊娠中のデリケートなお肌にも安心。
    • 妊娠5ヶ月目の戌の日の帯祝いにも最適です。
  • 腹巻タイプ

    リラックス時、就寝時におすすめ。

    • 腹巻タイプの妊婦帯とは、筒状の腹巻型の妊婦帯です。 綿素材が多くラクな着用感。ほとんどが、大きくなるおなかを支えるための機能付きです。おなかが小さい頃から着用できますので、妊娠したらまず腹巻タイプで、おなかをしっかり保温・保護しましょう。
    • ガードルのしめつけ感が苦手な方や、おうちでゆっくりしたい時にぴったりです。就寝時も着用できます。
    • 回数が増えるトイレ時にも上げ下ろししなくてよいので、便利です。
  • パンツタイプ

    パンツスタイルや外出時におすすめ。

    • パンツタイプの妊婦帯とはショーツ型の妊婦帯です 。 ただサイズが大きいだけのガードルではなく、大きくなるおなかを支えるための機能が付いています。
    • お勤めやお出かけの時には、ずれにくく、脚さばきのよいガードルタイプの着用をおススメします。
    • パンツスタイルの時や、ボディラインが気になる時もスッキリしたシルエットを保ちます。
  • 骨盤ベルトタイプ

    産前産後に緩んだ骨盤を支える。

    • 骨盤ベルトタイプの妊婦帯とは、妊娠・出産で緩んだ恥骨結合部分を含む骨盤関節と靭帯を支え、体の軸をサポートする骨盤ベルトです。
    • 妊娠中は、体の軸である骨盤を支えることで骨盤周辺の緩みからくる恥骨痛や大きくなったお腹の重さによる体のバランス変化に伴う腰痛を緩和します。
    • 出産後は、産後すぐに着用する産褥ベルト(産褥ニッパー)としても使え、その後も恥骨結合部分を含む骨盤関節の緩みの回復を促進させる骨盤ベルトとしてもお使いいただけます。
  • サポートベルトタイプ

    おなかの支えをカンタン調節。

    • サポートベルトタイプの妊婦帯とは、ベルト型の妊婦帯です。 立ったまま無理なく着けられ、ワンタッチテープで、カンタンにサポート調節ができます。
    • おなかの丸みにフィットする立体設計。下からしっかり支えます。
    • おなかが大きくなってくる妊娠中期以降がおススメ着用時期です。